スポンサーサイト

  • 2010.05.29 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


<刑務官暴行>「国は賠償請求可能」 間接的な責任言及(毎日新聞)

 名古屋刑務所の刑務官による受刑者暴行事件を巡る国家賠償訴訟で、国に8910万円の支払いを命じた25日の名古屋地裁判決(戸田久裁判長)は最高裁判例に沿い、「原告は被告個人に損害賠償を請求できない」として刑務官個人の原告に対する直接的な賠償責任を否定した。一方で、刑事裁判で犯意がなかったとして無罪が確定した1人を含む刑務官5人に「国は賠償請求できる」と認定し、原告に対する間接的な賠償責任に言及する判決となった。

 国家賠償法は公務員が職務上、違法行為で他人に損害を与えた場合、国や地方公共団体に賠償責任があると規定。国などが負った損害は、その公務員に賠償請求できると別に定めている。

 判決は同法に基づいて刑務官ら個人の賠償責任について検討。1952年に北海道で発生した列車妨害事件(芦別事件)で、起訴されたが無罪となった元被告や家族らが起こした国家賠償訴訟で、警察、検察官個人について「公務員個人は賠償責任を負わない」とした最高裁の判例(78年)などを引き合いに結論を導いた。

 一方、訴訟では副看守長だった前田明彦被告(48)=特別公務員暴行陵虐致死罪などで有罪、上告中=ら刑務官5人が「国に対する賠償の義務はない」とする債務不存在の確認を求めていたが、判決は5人の革手錠使用を巡り「違法な職務執行につき、故意または重過失があった」と認定。国は5人に賠償請求できるとした。

 5人のうち1審で無罪判決が確定した元刑務官の男性(33)についても「別の刑務官とともに2人がかりで革手錠のバンドを強く引っ張り、重過失は認められる」と認定した。被告11人のうち5人を除く6人への国の賠償請求権については判断しなかった。【高木香奈】

【関連ニュース】
高松刑務所:「在所証明書」を別の受刑者家族に誤送付
刑務官暴行:革手錠の違法性認め国に賠償命令…名古屋地裁
首つり死亡:独房で男性受刑者 名古屋刑務所
大阪・母子殺害:2審の死刑破棄…最高裁が差し戻し
大阪・平野区の母子殺害事件:2審の死刑破棄 最高裁が差し戻し

刑務所暴行、国に賠償命令=8900万円認める―元受刑者ら請求・名古屋地裁(時事通信)
大阪府立高35歳教諭、下半身露出で現行犯逮捕(産経新聞)
自殺・うつ病対策の5本柱まとまる―厚労省PT(医療介護CBニュース)
<パパイア>遺伝子組み換え輸入品、夏にも解禁(毎日新聞)
皇太子さま、「みどりの愛護」のつどいに(時事通信)

エア・ドゥ機 主翼の部品脱落(産経新聞)

 新千歳空港事務所は13日、12日夜に羽田から札幌に到着した北海道国際航空(エア・ドゥ)のボーイング767の左側主翼のスラット(高揚力装置)の部品が脱落していたと発表した。飛行中に異常が表示されたが通常通り着陸し、けが人はなかった。同社は同型機の点検を実施。修理のため、16日まで欠航便が出る見通し。同事務所とエア・ドゥによると、部品は縦30センチ、横20センチのアルミ製パネル。離着陸の際に機体を安定させるため主翼の前側に計12枚設置されているが、うち1枚の付け根部分のシャフトが折れ、パネルがなくなっていた。

<労働問題>17日ネット番組開始 市民グループが情報発信(毎日新聞)
皇后さまがご給桑(産経新聞)
徳島市のデザイン事務所が受賞=高い職人技のいす―NY見本市(時事通信)
10キロ以内の殺処分検討=宮崎口蹄疫で―農水副大臣(時事通信)
青木氏後継に長男の一彦氏=参院島根で自民県連(時事通信)

ニセ死亡診断書で保険金詐取、元新聞店員ら逮捕(読売新聞)

 ウソの死亡診断書を使って保険金をだまし取ったとして、警視庁は10日、川崎市多摩区西生田4、元新聞販売店員西村豊被告(55)(有印私文書偽造罪などで起訴)と、西村被告の元妻のさいたま市大宮区天沼町1、派遣社員蒲池優美子(58)、埼玉県川越市岸町1、会社員前島裕之(44)の両容疑者を詐欺容疑で逮捕した。

 発表によると、3人は2003年12月上旬頃、西村被告が死亡したとする偽の死亡診断書や戸籍謄本などを生命保険会社に提出し、死亡保険金約5400万円をだまし取った疑い。

 西村被告は、死亡診断書などを提出した後は知人男性になりすまし、偽の住民票や運転免許証を得るなどして生活していた。西村被告と前島容疑者は容疑を認め、蒲池容疑者は否認しているという。

 前島容疑者は、西村被告が以前に経営していた会社の元社員で、保険金の受取人になっていた。この事件で3人は、別の生命保険会社からも約3600万円の保険金を受け取っており、警視庁で追及している。

大胆な財政出動方針、国民新が公約原案(読売新聞)
12歳少女が首つり死亡=公園トイレ内−東京(時事通信)
東国原知事が小沢幹事長と会談、話題は…(読売新聞)
抗がん剤「アービタックス」で因果関係否定できない死亡が2例(医療介護CBニュース)
栃木・那須塩原の晩翠橋 森詠著「少年記オサム14歳」(産経新聞)

<普天間問題>ろうそくで基地反対の人文字 東京・明治公園(毎日新聞)

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の国外・県外移設を求める県民大会が開かれたのを受け、呼応するデモや集会などが25日、全国各地で行われた。東京都新宿区の明治公園では同日夜、ろうそくを利用した人文字で、「NO BASE OKINAWA」と訴えた。「基地問題は沖縄だけの問題ではない」と、環境NGOや平和NGO、識者らが呼びかけたもので、1200人が人文字に参加した。

【写真で見る】現状の普天間基地や移設候補地のキャンプ・シュワブ沿岸部

 社民党党首の福島瑞穂消費者・少子化担当相も訪れ、「沖縄の中にもうこれ以上基地を造る必要はない。県民大会の訴えを実現するべく、こん身の力を込めて皆さんと共に頑張る。一緒に歴史を作りましょう」と述べた。【山田奈緒】

【関連ニュース】
【写真で見る】移設候補としてあがった徳之島
【今さら聞けない 図説でおさらい】どうして普天間問題がこじれているのか
普天間移設:沖縄の意思は「県外」 県民大会に9万人
沖縄:憤る沖縄 「普天間」続く閣内不一致

高速新料金、深まる対立…内閣一元化揺らぐ(読売新聞)
ラブホテルに強盗 従業員刺し6万奪う 東京・豊島区(産経新聞)
柏の焼き鳥マップ発売へ アンケートで23店選出(産経新聞)
<関西大>高橋、織田選手がスケート教室 (毎日新聞)
名門高校野球部員お手柄=逃走男取り押さえる−強盗未遂容疑・警視庁(時事通信)

生ゴミからエタノール、国内初の実用化成功(読売新聞)

 新日鉄エンジニアリングは19日、国内で初めて生ゴミなどの食品廃棄物からバイオエタノールを製造するプラントの実用化に成功したと発表した。

 全国の自治体などに販売する方針だ。

 プラントは、1日当たり約10トンの食品廃棄物から、約500リットルのエタノールの製造できる。販売するプラントの食品廃棄物の処理能力は1日当たり60トン程度で、販売先は主に人口が30〜40万人の都市を想定していて、プラントの価格は10億〜20億円。

 このプラントを使えば、食品廃棄物の焼却処理が不要になる。回収したエタノールを自動車の燃料などに再利用すれば、従来のゴミ処理施設よりも二酸化炭素(CO2)排出量を30〜40%削減できるという。

<ペーパーショウ>紙の魅力を再発見 東京「丸ビル」で開催(毎日新聞)
モスバーガーに64歳ナタ強盗…家なく金なく(読売新聞)
学級崩壊リポートつるし上げ「ショックで通院」(読売新聞)
「がん教育」などを今年度事業の重点項目に−日本対がん協会(医療介護CBニュース)
仕分け第2弾で制度改革へ=蓮舫氏、外国特派員協会で会見(時事通信)

【風】「女の生き方」どちらに共感?(産経新聞)

 突然ですが、女性のみなさんにお聞きします。幸せな女性の生き方って、どんなものでしょうか−。

 30代以上、未婚、子ナシの「負け犬」と、そうでない「勝ち犬」の幸福論が話題になってから6年。今、女性の生き方をめぐる新たな“バトル”が起きている。

 主役の一人は、「人生は努力、向上」「結婚、育児で成長できる」と主張する経済評論家の勝間和代氏。キャリアアップや資産運用を勧める著作の累計発行部数は320万部以上(公式ホームページより)。禁酒・禁煙、自転車といったライフスタイルや愛用の所持品をまねる「カツマー」と呼ばれる信奉者も出現している。

 かたや、飛ぶ鳥を落とす勢いの勝間氏に「待った」をかけるのが、精神科医の香山リカ氏。昨年7月に出版した「しがみつかない生き方」(幻冬舎)で「〈勝間和代〉を目指さない」と“宣戦布告”。45万部以上のベストセラーになった。「頑張らない人がいてもいい」「結婚、出産は自由な選択」という自然体の生き方の支持者は「カヤマー」と呼ばれる。

 「しがみつかない−」が売れた後、勝間氏は反論する形で「やればできる」(ダイヤモンド社)を出版。今年1月には、両氏の対談をまとめた「勝間さん、努力で幸せになれますか」(朝日新聞出版)も出された。

 私自身も27歳、妙齢独身。「女性が活躍する時代や」と叱咤(しつた)されたかと思えば、「仕事ばかりじゃ幸せ逃すで」と心配される。両氏の書籍に救いを求めたところで「どっちの言いたいことも分かるなあ」と悩みは深まるばかりだ。

 取材で出会う女性たちの多くも、キャリア、結婚、出産、育児、再就職などに悩みながら生きている。男女共同参画が進んだとはいえ、女性の政治・経済分野への進出度は109カ国中57位(2009年10月、国連開発計画)。まだまだ女性にとっては生きにくい。

 今回のテーマは「女の生き方」。仕事も結婚も出産もよしとする「勝間派」、仕事も結婚も出産もない人生だってありという「香山派」。あなたはどちらに共感しますか?(奈)

日韓議連会長に民主・渡部氏=森元首相から交代(時事通信)
<出水市長選>渋谷氏が再選 鹿児島(毎日新聞)
「こんなひどい動作見たことない」 トヨタSUV「不買勧告」の起爆力(J-CASTニュース)
与謝野氏除名の可能性 谷垣氏、舛添氏への批判も(産経新聞)
普天間問題、5月末に方向性 鳩山首相発言が後退(産経新聞)

ヤシの木にオオシマザクラが寄生 「灘のけんかザクラ」と親しまれる(産経新聞)

 兵庫県姫路市白浜町の宇佐崎公園に、ヤシの木の一種であるフェニックスの幹に寄生したオオシマザクラが花を咲かせている。専門家は「野鳥が運んだ種が芽吹いた可能性が高い。ヤシの木に桜が寄生するのは珍しい」と話している。

 オオシマザクラは、葉が刈り取られた高さ約2・5メートルのフェニックスの幹に根を張り、枝を伸ばしている。今月初めごろから咲き始めた。

 大阪府立花の文化園によると、オオシマザクラは桜の中でも生命力が強い品種。寄生した状況から、葉が切り落とされたフェニックスに水や樹皮が堆積(たいせき)し、さらに野鳥が種を落として花を咲かせたとみられるという。

 地元で“開花”が確認されたのは平成20年春。付近で開かれる「灘のけんか祭り」にあやかり、「灘のけんかザクラ」と呼ばれているといい、白浜町宇佐崎自治会の河野敏信さん(59)は「秋の祭りと同様に春のサクラも有名になれば」と期待している。

【関連記事】
トリ持つ縁…姫路の公園 ヤシにサクラ咲く
上海に桜2千本植樹 さくらの会と静岡県
【京のいろ】哲学の道 春をピンクに染めて
みやびな舞と宮中の桜を堪能 京都御所、春の一般公開始まる
サクラ前線、民間3事業者予想は“善戦” 記録的早咲き「誤算」
「中国内陸部の資源事情とは…?」

暴力団関係を名乗る男、NHKに抗議電話(読売新聞)
四国こんぴら歌舞伎が開幕(産経新聞)
もっと気軽にお寺へ エクササイズや高齢者支援(産経新聞)
男児保護に協力の男性に感謝状(産経新聞)
現金給付の見直し検討=子ども手当−古川国家戦略室長(時事通信)

フィギュア 村上佳菜子選手が高校入学式(毎日新聞)

 フィギュアスケートの世界ジュニア選手権で優勝した村上佳菜子選手(15)=グランプリ東海クラブ=が6日、中京大中京高(名古屋市昭和区)の入学式に出席した。真新しい制服を着て出席した村上選手は「楽しみにしていた。浅田(真央)選手(中京大)や安藤(美姫)選手(トヨタ自動車)はここで大きな選手になった。自分も同じ学校で大きくなりたい」と話した。

 中京大中京高にはバンクーバー五輪銀メダリストの浅田選手のほか、入賞した安藤、小塚崇彦(トヨタ自動車)の両選手も通った。村上選手はナショナルトレーニングセンターにも指定されている中京大のフィギュアスケート専用リンクで、浅田選手らとともに練習する予定。【村社拓信】

【関連ニュース】
世界フィギュア:高橋大輔が優勝 日本人男子で初
世界フィギュア:高橋SP首位、小塚4位 織田は28位
世界フィギュア:川口組はSP2位…第1日
フィギュア:小塚、鈴木両選手 入賞「自信」胸に帰国
五輪フィギュア:小塚、自己ベスト記録更新…初入賞果たす

原中氏当選、民主は歓迎=自民、参院選への影響懸念−日医会長選(時事通信)
中国で死刑判決 首相が「残念」 懸念表明なし(産経新聞)
新党との連携を否定=平野官房長官(時事通信)
自民党 「逆仕分け」で反転攻勢…選対に若手起用も(毎日新聞)
遺産2億円を脱税 開業医の養女告発 名古屋国税局(産経新聞)

所得補償、11年度は畑作も=農水副大臣(時事通信)

 山田正彦農林水産副大臣は1日の記者会見で、農産物の販売価格が生産費を下回る赤字分を農家に直接補てんする「戸別所得補償制度」について、「畑作の所得補償を来年度に(実施できるよう)検討したい」と述べた。コメの補償制度を同日始めたことを踏まえ、2011年度の対象を広げたい考えだ。
 山田副大臣は、対象拡大について「まず畑作。同時に、できれば畜産も水産も取り組みたい」と述べ、麦と大豆を中心とした畑作を優先する姿勢を示した。 

【関連ニュース】
県内限定の幕の内弁当を試食=熊本〔地域〕
取引システムを統合=来年1月、東工取と東穀取が合意
小麦生産、倍増の180万トンに=20年度目標
商品取引所、システム統合へ=合併論も浮上
最大の支援はアフガン産品購入=農産物市場の開拓切望

若林元農相 議員辞職願を参院議長に提出(毎日新聞)
「台風の目」になれるか 与謝野氏離党で新党結成の動き加速(産経新聞)
住宅支援機構が認可額を上回る債券を発行(産経新聞)
名古屋の住宅密集地で火災、民家6軒延焼中(読売新聞)
<火災>交番に落とし物届ける間に、ラーメン店全焼 和歌山(毎日新聞)

<トキ>産卵の可能性…佐渡で営巣のつがい1組 環境省(毎日新聞)

 環境省は29日、新潟県佐渡市で放鳥したトキ30羽(1羽は直後に保護)のうち、佐渡で営巣していた1組のつがいが産卵した可能性が高いと発表した。トキの自然界での産卵は1979年に佐渡で確認されて以来、国内では31年ぶり。有精卵であれば約1カ月でふ化するという。

【写真特集】トキ、放鳥から半年…7羽、たくましく越冬(09年3月)

 同省によると、このつがいは08年に1次放鳥された3歳の雄と、09年の2次放鳥の1歳の雌。28日朝から一日中、雄と雌が交代で巣に残り、座り込んでいる様子が確認されたという。同省の笹渕紘平自然保護官は「卵の有無は目視で確認できていないが、産卵した可能性が高いと考えられる」と話した。

 また、同省は、佐渡で新たに1組のつがいが営巣する様子が28日に確認されたと発表した。雄が雌の背中に乗って、くちばしを合わせるなどの求愛行動「擬交尾」も数回観察されているという。営巣が確認されたのは3組目。【畠山哲郎】

【関連ニュース】
【写真特集】毎日動物園・鳥類別館
トキ9羽死:夜襲に慌てて金網衝突? テンは一流ハンター
トキ:石川の動物園で産卵 佐渡から分散飼育
トキ:2組が巣を作る 08年の放鳥以来初 繁殖に期待

<地震>茨城県南部で震度3=午前10時29分(毎日新聞)
バイオラバー販売会社に罰金=「がんに効果」、薬事法違反−京都簡裁(時事通信)
郵政改革案「世界に笑われる」=自民・大島氏(時事通信)
第1波で荷崩れ、2波で傾斜拡大か=三重県沖のフェリー座礁−運輸安全委(時事通信)
首相またまた開き直り 普天間期限「法的に決まってない」(産経新聞)

calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
sponsored links
リンク
情報商材
携帯ホームページ
クレジットカード現金化 還元率
無料携帯ホームページ
クレジットカードのショッピング枠を現金化 
selected entries
archives
recent comment
  • <刑務官暴行>「国は賠償請求可能」 間接的な責任言及(毎日新聞)
    カナ (08/27)
  • <刑務官暴行>「国は賠償請求可能」 間接的な責任言及(毎日新聞)
    佐々木 (06/15)
  • <刑務官暴行>「国は賠償請求可能」 間接的な責任言及(毎日新聞)
    志波康之 (01/17)
  • <刑務官暴行>「国は賠償請求可能」 間接的な責任言及(毎日新聞)
    カドルト (01/11)
  • <刑務官暴行>「国は賠償請求可能」 間接的な責任言及(毎日新聞)
    オリンキー (01/04)
  • <刑務官暴行>「国は賠償請求可能」 間接的な責任言及(毎日新聞)
    サキューン (12/30)
  • <刑務官暴行>「国は賠償請求可能」 間接的な責任言及(毎日新聞)
    こういち (12/25)
  • <刑務官暴行>「国は賠償請求可能」 間接的な責任言及(毎日新聞)
    まろまゆ (12/21)
  • <刑務官暴行>「国は賠償請求可能」 間接的な責任言及(毎日新聞)
    パイン (12/14)
  • <刑務官暴行>「国は賠償請求可能」 間接的な責任言及(毎日新聞)
    俊之 (12/05)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM