スポンサーサイト

  • 2010.05.29 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


大学院の助産教育などでヒアリング―文科省検討会(医療介護CBニュース)

 文部科学省の「大学における看護系人材養成の在り方に関する検討会」(座長=中山洋子・福島県立医科大看護学部長)は3月26日、第8回会合を開いた。天使大学長の近藤潤子氏、聖路加看護大教授の堀内成子氏から大学院での助産教育について、市民団体「イデアフォー」世話人の中澤幾子氏から高度専門職業人への期待についてヒアリングを行った後、委員らが意見交換した。

 ヒアリングではまず、近藤氏が天使大大学院助産研究科助産専攻の現状などを紹介。同大大学院は、助産師養成を目的とした「助産基礎分野」のほか、助産師教員育成を目的とした「助産教育分野」を設置している。近藤氏は教育目標として、▽正常経過の診断・ケアおよび、正常からの逸脱の判断およびケアができる能力の育成▽地域母子保健活動を多職種と連携・協働しながら主体的に実践できる能力、ならびに政策化できる能力の育成―などを挙げた。このほか、少人数による教育といった教育方法の特色や、2分野それぞれの年次教育計画や実習展開などを説明した。
 続いて、堀内氏が聖路加看護大大学院看護学研究科ウィメンズヘルス・助産学専攻の「修士論文コース」と「上級実践コース」について説明。それによると、「修士論文コース」は専門分野での専門性を高めて研究能力を開発することを、「上級実践コース」では看護・助産ケアや管理のスペシャリストとして機能できるよう、より専門性を深めた実践能力を開発することを目指す。堀内氏によると、「修士論文コース」修了者のほとんどが大学教員として就職し、「上級実践コース」修了者は病院などで「実践者」として活躍しているという。
 堀内氏はまた、教育を通して獲得する能力として、▽正常妊産婦の診断・ケア能力▽EBMを基盤にした実践変革力▽職業人としての品位と強靭性▽自立して実践開業する基礎力-などを挙げた。

 中澤氏は高度専門職業人に対する期待について、自身の体験など3つのエピソードを紹介し、看護師には医師や患者とのコミュニケーション能力が求められると指摘。また、「チーム医療」についても言及し、医師と同等の発言力がある看護師、薬剤師、ソーシャルワーカーなどが不可欠だと強調した。さらに、「(多職種が)意見交換をしなければチーム医療の意味がない」として、ディスカッション能力の必要性を訴えた。

 その後の意見交換では、松尾清一委員(名大医学部附属病院長)が「チーム医療の観点から、多職種とのかかわりに関する教育のカリキュラムはどうなっているのか」と質問。
 これに対し堀内氏は、「(実習で)事例ごとに状況判断をする場面では、助産師や産科医、小児科医との連携をどのようにするかを学ぶチャンスはある」と述べた。また近藤氏は、医師の見解を交えて学習する機会はあるものの、「どちらかというと、できるだけ正常ケースを選んで学習しているので、医師と直接やりとりする機会は多くない」と答えた。
 これを受け中澤氏は、「正常ケースだけでなく、何かあったときの危機管理能力を育てる教育はできないのか」と質問。堀内氏は、「実習では、正常から移行した場合にどのタイミングで医師に知らせ、どのように搬送、ケアをするかの『グレーライン』も含まれる。セーフティーマネジメントに関する演習も行っている」と答えた。

 次回会合は5月20日に開かれ、引き続きヒアリングを行う予定。


【関連記事】
チーム医療推進へ「特定看護師」創設を―厚労省検討会が報告書案
23項目の看護系大コア・カリ案
看護職の教育内容でWGが経過報告―厚労省
助産外来と院内助産の課題、「助産師育成」が7割
看護学カリキュラムの内容・評価方法検討へ―文科省検討会

新型インフル GSK社製ワクチンの32%解約(産経新聞)
ミカン130本を小学校に植え「所有権」主張(読売新聞)
政権に一層の打撃=小林議員進退、再燃も(時事通信)
<覚せい剤>使用の元千葉県警警部補に有罪判決 東京地裁(毎日新聞)
神戸でも民家全焼 1人死亡(産経新聞)

普天間、首相「自分の意思示す時期ではない」 23日の普天間関係閣僚との協議(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は20日午前、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移設問題で、23日の関係閣僚との協議について「それぞれの意思を集めて議論していく。3月中には政府としての考え方を当然まとめる」と述べた。視察先の東京都品川区内で記者団の質問に答えた。

 ただ首相は「(政府原案をその場で)とりまとめるかどうか、まだ決めていない」と説明。「自分の意思は最終的に国民に示すが、まだその時期ではない(最終決着期限の)5月末は迫っているので、努力している最中だ」と語り、原案をまとめても直ちには公表しない考えを示した。

 首相は23日に、平野博文官房長官、岡田克也外相、北沢俊美防衛相らと移設先について最終調整を行い、その結果を踏まえて月末の日米外相会談や仲井真(なかいま)弘多(ひろかず)沖縄県知事との協議に臨むことにしている。

【関連記事】
「元の木阿弥」の政権交代 「利益誘導」型へ逆戻り
普天間問題 首相「県外は困難、気持ちを大事に…」
米国務次官補、訪日中止で駐米大使に陳謝
首相、普天間移設先の説明は「沖縄が中心になる」
普天間問題で首相、検討段階と強調 2案提示案は「推測記事」
20年後、日本はありますか?

<仙谷国家戦略相>日本免許ない外国人医師受け入れに前向き(毎日新聞)
「何も言えなくて…」ハマった薬物乱用“アラ還”シンガーの孤独と苦悩(産経新聞)
【りこめんど】「セコムの食」の“食べリエ”猪口ゆみさん(産経新聞)
<合掌家屋>屋根ふき替え 助け合い今も 岐阜・白川(毎日新聞)
<電波望遠鏡ALMA>日本のアンテナの愛称「いざよい」に(毎日新聞)

<ひき逃げ容疑>100メートル引きずり、はねる 女逮捕(毎日新聞)

 大阪府警南署は21日、堺市西区鳳中町4丁、会社員、辻本青空(みそら)容疑者(27)を自動車運転過失傷害と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで逮捕した。容疑は同日午前5時55分ごろ、大阪市中央区難波4の府道で、交通トラブルから辻本容疑者の乗用車のサイドミラーにしがみついたトラック運転手、野口喜代志さん(47)=大阪市西淀川区=を約100メートル引きずった後にはね、逃走したとしている。野口さんは意識不明の重体。

 野口さんの車のサイドミラーが折れており、同署は車同士の接触があったとみている。辻本容疑者は「窓ガラスをたたかれ、怖くなって発進した」などと供述しているという。辻本容疑者から基準値を超えるアルコール分を検出し、同署は酒気帯び運転容疑でも調べる。【佐藤慶】

【関連ニュース】
DNA誤登録:採取時、記名せず…神奈川県警
沖縄米軍ひき逃げ:女性3曹「基地内で飲酒」
沖縄ひき逃げ:米3曹容疑認める 県警が任意聴取
ひき逃げ:米憲兵隊が女性下士官拘束 沖縄県警が出頭要請
ひき逃げ:米軍車両が追突、逃走 子ども2人けが 沖縄

<クロマグロ>「よかった」禁輸否決に首相(毎日新聞)
小沢幹事長 生方副幹事長更迭…執行部批判、辞任要求拒否(毎日新聞)
小林千代美議員 首相、北海道連代表に対応一任(毎日新聞)
橋下知事と平松市長に新たな火種…入学貸付制度(読売新聞)
対象あいまい…紛糾 都の「漫画・アニメ児童ポルノ」規制(産経新聞)

政府、県内移設で最終調整=シュワブ陸上など2案−普天間(時事通信)

 政府は18日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先を同県内とする方向で最終調整に入った。名護市などにある米軍キャンプ・シュワブ陸上部への移設案と、うるま市のホワイトビーチ沖合を埋め立てる案が有力で、月内に政府案を決めた上で、米側に提示する方針だ。
 鳩山由紀夫首相は昨年8月の衆院選で県外移設を訴えており、最終的に県内移設に踏み切れば、沖縄県民や社民党が反発するのは必至。米側は、シュワブ沿岸部に移設する現行計画が最善との立場を崩しておらず、目標とする5月末までに決着できない場合、首相の責任が問われる可能性もある。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

阿久根市長、高校に処分撤回要請=野球部員の出場禁止で−鹿児島(時事通信)
首相動静(3月18日)(時事通信)
<秋篠宮家>眞子さま佳子さま卒業(毎日新聞)
<外交文書>政務三役が開示判断へ(毎日新聞)
【遠い響・近い声】特別記者・千野境子 与那国島それからの異聞(産経新聞)

核サミット出席の意向=4月訪米へ−鳩山首相(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は12日午後、首相官邸でナポリターノ米国土安全保障長官と会談した。冒頭、首相は4月12、13両日にワシントンで開催される世界核安全保障サミットについて「オバマ大統領からきょう、招待の手紙をいただいた。国会日程の合間を縫って、できれば伺いたい」と述べ、出席の意向を表明した。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件〜「小沢氏、幹事長を辞任すべき」72.5%〜
【特集】話題騒然 ファーストレディー
【特集】オバマ語録
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜

つらさ乗り越え自殺予防へ=遺族支援で集い−大阪(時事通信)
公邸改修費“過少申告”、平野官房長官が認める(産経新聞)
来年も見たい、梅の花 東京・青梅市「梅の公園」(産経新聞)
入管元職員に実刑=在留手続き汚職−東京地裁(時事通信)
<前原国交相>4全総の高速道計画の縮小を示唆(毎日新聞)

千葉県で震度3(時事通信)

 16日午前7時30分ごろ、関東地方を中心に地震があり、千葉県大多喜町で震度3の揺れを観測した。気象庁の観測によると、震源地は千葉県北西部で、震源の深さは約70キロ、地震の規模(マグニチュード)は4.4と推定される。主な各地の震度は次の通り。
 震度3=千葉県大多喜町
 震度2=千葉市、茨城県坂東市、さいたま市、東京都千代田区、横浜市、山梨県富士河口湖町、静岡県富士宮市。 

【関連ニュース】
福島で震度5弱、1人けが=北海道から近畿まで揺れ-1週間は余震注意・気象庁
宮城などで震度4
津波予測、来春にも改善=当初規模から日本沿岸まで
チリ大地震、M8.8に修正=気象庁が再解析
北海道根室市で震度3

札幌7人焼死 現場前に献花台、不明者の家族合掌(毎日新聞)
春を告げる炎、「伊豆富士」大室山で山焼き(読売新聞)
千葉大生殺害 学部長が両親に卒業認定書(毎日新聞)
<奈良の妊婦死亡>遺族が控訴断念(毎日新聞)
日韓警察 トップがソウルで会談 犯罪のグローバル化で(毎日新聞)

東京都の2次元児童ポルノ規制、ちばてつやらが反対の記者会見(産経新聞)

 子供の性行為を描く漫画など「2次元児童ポルノ」規制のため、東京都が今定例議会に提出した青少年健全育成条例の改正案で、改正案に反対する漫画家のちばてつやさんや里中満智子さんらが15日、都庁で記者会見を開いた。

 ちばさんらは都議会最大会派の民主党に意見書を提出。会見で、ちばさんは「文化や表現など新しいものが起きるときはいろんな種類の花が咲く。スミレやサクラなどかれんな花もあれば、ジャングルで形もにおいもすごいラフレシアのような花もあるが、根っこですべて繋がっている。『この花は汚い』と根を断つと、植物群全体が滅ぶ」と改正案を批判。また、漫画家の永井豪さんは「私は『ハレンチ学園』で世に出てきた。当時もたたかれたが、規制が始まるとこの作品も確実に出せない。くさい物にはふたをしろと規制するとかえってゆがんだ人間が増える」と述べた。このほか藤子不二雄Aさんやさいとう・たかをさん、萩尾望都さん、西岸良平さんら著名な漫画家らが反対者リストに名を連ねている。

 改正案は漫画やアニメ、ゲームなどに登場する18歳未満と推定されるキャラクターを「非実在青少年」と規定。こうしたキャラとの性行為を描写する2次元児童ポルノの販売について、業界に自主規制を求め、婦女暴行などのシーンがある「悪質商品」は「不健全図書」に指定、青少年への販売と閲覧と禁じる。改正案は19日の都議会総務委員会で採決される。

【関連記事】
漫画などの児童ポルノ規制 東京都、条例改正案を説明
児童ポルノDVD販売で生活費稼ぐ 容疑の無職男を逮捕 警視庁
共有ソフトで児童ポルノ流出、耳鼻・咽喉科医師を逮捕
病院で性犯罪の被害相談も 警察庁の被害者支援推進計画まとまる
元幼稚園教諭を再逮捕 5歳女児の体触った疑い 福岡県警

<ソメイヨシノ>福岡で開花…陽気に誘われ(毎日新聞)
路上に倒れた男性死亡 手に粘着テープ 東京・国分寺(産経新聞)
ガラス割れ、バンパーは外れていた…暴走トラックは向かって来た (産経新聞)
宇高航路廃止を撤回 四国フェリー「経営めど立つ」(産経新聞)
全日空 B787の整備士養成訓練公開 今秋納入の新型機(毎日新聞)

多汗症手術後に異常発汗=「説明不足」と提訴−東京地裁(時事通信)

 手のひらに汗をかきやすい「手掌多汗症」の手術の際、別の部位から異常発汗するようになる可能性について十分な説明をせず執刀したとして、28歳と30歳の男性が12日、東京都内の病院と医師を相手に、それぞれ5000万円の損害賠償を求める訴えを起こした。
 訴状によると、2人は手術によって手のひらの汗は止まったが、腹や下半身など別の部位から大量の汗が出るようになった。こうした発汗が起きる可能性が極めて高かったのに、病院側は手術前に十分な説明を怠ったとしている。 

【関連ニュース】
原告と4700万円で和解=03年の内視鏡手術事故
「重症患者引き受ける体制を」=搬送拒否で裁判長付言
水俣病、救済対象者を拡大=和解協議で提案
作家の海堂さんに賠償命令=ブログで名誉棄損
日赤と医師に1億円余賠償命令=検査怠り下半身不随

採血基準、12年ぶりに改正へ−400ml、再来年度から男性は17歳以上に(医療介護CBニュース)
ウインターラフティング 尻別川で人気に 北海道倶知安町(毎日新聞)
学校と自治体の連携強化を―麻しん対策推進会議(医療介護CBニュース)
刑務官8人を不起訴=腹痛訴えた受刑者死亡−大津地検(時事通信)
ミシュラン星付きレストラン 三つ星人気 一方、閉店二つ星も(産経新聞)

需要予測達成、8空港のみ=実績比一覧を公表−国交省(時事通信)

 国土交通省は9日、全国の空港の新設時や滑走路延長時などに試算された空港別の需要予測と、2008年度の実績値の一覧を公表した。需要予測の想定年度は空港によってばらばらで、08年度と単純比較はできないが、同年度実績が予測値を上回った空港は、資料が残っている75空港中、わずか8空港にとどまった。
 需要予測を上回ったのは、旭川(北海道)、庄内(山形)、羽田、名古屋、岡山、長崎、熊本、那覇の各空港。
 一方、残る67空港の中には、08年度の需要予測72万1000人に対し、実績が12万5000人にとどまる大館能代(秋田)など、予測と実績にかい離のあるケースもあった。 

【関連ニュース】
中央リニアのルート議論へ=交通政策審部会が初会合
リニア報告書の提出容認=ルート要望明記を評価
関空補給金は凍結=住宅機構、出資金を減額
農水系基金、350億円放置=埋蔵金「国庫返還すべし」

<野口飛行士>宇宙で絵本を読み聞かせ 都内の児童に(毎日新聞)
新たに男ら逮捕、首謀格か=4200万強盗容疑−警視庁(時事通信)
平成22年度予算案が衆院通過(産経新聞)
電気機関車 EF510を公開 ブルトレけん引の新型車両(毎日新聞)
10年度予算案 衆院予算委で可決 年度内成立へ(毎日新聞)

気象大学校の見直し検討、国交相が表明(読売新聞)

 前原国土交通相は8日の参院予算委員会で、気象庁幹部を養成する気象大学校について、「見直しを含めてあり方を検討したい」と述べ、組織改編などを検討する方針を表明した。

大阪の十数台当て逃げ、容疑で男逮捕(産経新聞)
夫婦間病腎移植始まる 宇和島徳洲会(産経新聞)
介護事業、増収傾向続く―大手4−12月期決算(医療介護CBニュース)
「自殺」装い夫殺害容疑、妻ら5人逮捕(読売新聞)
仕分け余波…政府広報「テレビ6番組」全廃(産経新聞)

calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
sponsored links
リンク
情報商材
携帯ホームページ
クレジットカード現金化 還元率
無料携帯ホームページ
クレジットカードのショッピング枠を現金化 
selected entries
archives
recent comment
  • <刑務官暴行>「国は賠償請求可能」 間接的な責任言及(毎日新聞)
    カナ (08/27)
  • <刑務官暴行>「国は賠償請求可能」 間接的な責任言及(毎日新聞)
    佐々木 (06/15)
  • <刑務官暴行>「国は賠償請求可能」 間接的な責任言及(毎日新聞)
    志波康之 (01/17)
  • <刑務官暴行>「国は賠償請求可能」 間接的な責任言及(毎日新聞)
    カドルト (01/11)
  • <刑務官暴行>「国は賠償請求可能」 間接的な責任言及(毎日新聞)
    オリンキー (01/04)
  • <刑務官暴行>「国は賠償請求可能」 間接的な責任言及(毎日新聞)
    サキューン (12/30)
  • <刑務官暴行>「国は賠償請求可能」 間接的な責任言及(毎日新聞)
    こういち (12/25)
  • <刑務官暴行>「国は賠償請求可能」 間接的な責任言及(毎日新聞)
    まろまゆ (12/21)
  • <刑務官暴行>「国は賠償請求可能」 間接的な責任言及(毎日新聞)
    パイン (12/14)
  • <刑務官暴行>「国は賠償請求可能」 間接的な責任言及(毎日新聞)
    俊之 (12/05)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM